Entry: main  << >>
2018年1月定例会

昨年の活動をまとめ、今後の課題を確認。

 

市民オンブズ西宮・1定例会 (2018年1月6日)
1.兵庫県議会政務調査費等違法支出返還請求訴訟控訴審結審
 12月15日の第3回口頭弁論で、佐村浩之裁判長が弁論終結、判決は3月22日午後1時20分からと指定し、控訴審は3回で結審となりました。内容をまとめると、控訴した県側の主張に目新しいものはなく、補助参加した県議・元県議らも1審の主張を繰り返しただけでした。従って、1審判決が維持できるのかどうかが焦点となります。
*判決言い渡しは
3月22日(木)午後1時20分〜 大阪高裁別館(東館8階)82号法廷です。
*他の裁判の予定は
追い出し裁判第11回口頭弁論 1月24日(水)午後3時〜地裁尼崎支部201号
アスベスト裁判第8回口頭弁論 1月17日(水)午後2時〜 神戸地裁204号法廷

 

2.12月市議会
 12月市議会一般質問で、佐藤市議(共産党会派)が「公契約条例について」質問しました。西宮市は公契約条例について、2010〜12年にプロジェクトで検討した結果、狷各しない瓩鳩茲瓩燭、どのような施策を行っているのか正しました。答弁は、入札ではダンピング防止のための最低入札額の設定と、関係法令順守の誓約を取るとのことでした。時給はいくらかという最も重要な点については、確認していないのです。
 さらに、佐藤市議は最低賃金では生活が成り立たないがどうかと問うたが、最低賃金は国が都道府県ごとに決めるものと言うばかりで意味不明な回答でした。結局、これも猖[畚膽薛甍幣紊料蔀屬麓茲蕕覆い箸いΔ海箸里茲Δ任后条例を制定している自治体では労働条件に付いても確認しているところもあるなか、西宮市は全くやっていないのです。私が質問者なら、そういう答弁をしているあなたの時給(残業代の算出基準となる額)はいくらだと聞くところでしたが、本当に腹立たしい答弁でした。
 冬の一時金のニュースをみると、阪神間で西宮市長がダントツの最高額、約336万円(前年比26.2%増)です。これは今年4月から給料の減額をやめたからです。ちなみに市議は約192万円(議長は約231万円)、職員は平均約95万円です。公務員バッシングに加担する気はありませんが、官製ワーキングプアなども問題となっている今日、市長や市議を先頭に年収1000万円はるかに超えるような高額年収部分をカットして猜申牴臭瓩鬚呂るべきでしょう。
 佐藤議員の質問によって、市が「公契約庁内連絡会議」を毎年1回行っていることが明らかになったのでその記録の公開を求めたところ、2014年から17年まで4回の会議録計4枚が公開されました。
 さて、一時金関連で、人事院勧告による職員の一時金増額、これを市長などと議員にも反映させる議案(給与条例改正や補正予算など)についての採決があり、共産党会派は市長や議員の増額に反対、維新プラス職員分も含め関連補正予算もすべてに反対、四津谷市議は市長や議員の増額とそれを反映させた補正予算に反対、一色市議は議員の増額のみに反対という結果で、他の議員の賛成で議員も(市長なども)増額になりました。
 人事院勧告は争議行為を禁じられた公務員の賃上げのための制度であり、これは無条件に受け入れるべきものです。維新プラスは西宮市職員の賃金が他都市と比べ高額であることなどを反対の理由としていますが、それは労使交渉で決められるものだと思います。これとは違って、市長や議員に人勧を反映させる根拠はなくお手盛りだ(四津谷市議の反対意見)と言うほかありません。

 

3.12月議会最終日、「−真相解明に努力する決議」を採択
 12月19日、「坂上明議員とNPO法人との間での金品授受等をめぐる報道に関して、西宮市議会として真相解明に努力する決議」が全会一致で採択されました。この間の新聞報道に押され市議会が決議したものですが、狄秦蟆鯡世謀悗瓩覘瓩箸いΔ未襪い發里如⊆ら疑惑解明しよという熱意は皆無です。坂上市議が所属する政新会も含めた狒寛餔戝廰瓩箸垢襪燭瓠∋毀韻らの何もやっていないという批判をかわすため、とりあえず決議したにすぎません。
 議場にはテレビカメラが入り、坂上市議は当事者ということで退席となりましたが、再入場する時にはマスクをして入ってきました。これはテレビに映りたくなかったからでしょう。ちなみに、坂上市議の代理人である弁護士によると、報道は事実に反し名誉棄損なので刑事告訴と民事裁判の提起を近日中にするとか。
 すでに、「西宮障害者雇用支援センター協会」が坂上市議を刑事告訴しており、坂上市議がこれに牘戦瓩垢襪海箸砲覆襪里、それで真相が明らかになるのか、いずれにしても市民として真相究明を求める取り組みについて考えなければならないでしょう。

 

≪坂上明議員とNPO法人との間での金品授受等をめぐる報道に関して、─────
   ───── 西宮市議会として真相解明に努力する決議≫(12月19日 西宮市議会)

 自民党の衆議院議員、園田博之元官房副長官に資金提供したとされる西宮市のNPO法人「西宮障害者雇用支援センター協会」が、坂上明西宮市議会議員らにも金品等を提供したという報道が続いている。
  12月2日付毎日新聞は、NPO法人が2007年頃から12年頃にかけて神戸市内のクラブで坂上議員らを連日接待し、「費用はNPO顧問が払った」とのクラブ経営者らの発言や、NPO理事長の「2009年5月以降、毎月40万円を坂上氏に渡した」との主張を掲載した。また、12月14日付毎日新聞夕刊では、2011年7月、NPO関係者ら7人での沖縄県石垣島への旅行に坂上議員が同行し、費用はNPOが負担、2010年8月から11年10月にかけては洋服の仕立て代を肩代わりしたというものである。一方、12月15日付神戸新聞では、取材に対し坂上議員が「領収書は残っていないが、飲み代も、旅行代も、スーツ代も全て現金で寺下氏らに手渡しで払った」と語ったとされている。
  これらと同様の内容は、すでに4月20日発売の『週刊新潮』で報道されていたが、当時副議長であった坂上議員は5月9日の議会運営委員会の席上で「一切僕は何の関係もございません」と発言している。
  改めてこれらの報道を受けた12月18日開催の議会運営委員会では、坂上議員の代理人である弁護士より議長あてに、「一連の報道は『いずれも事実に反することであり、市会議員の名誉を著しく害するもの』として『近日中に刑事告訴をするとともに、民事裁判を提起する予定』」との文書が提出されたことが紹介された。
  しかしながら、このたびの一連の報道では、第三者の証言や、旅行代金および洋服仕立て代の領収書の存在などが指摘されており、「事実に反する」という坂上議員の主張のみでは、真実は不明のままである。
  一方で、坂上議員は2008年3月議会から2013年3月議会までの5年間で計7回、障害者就労支援について一般質問し、事実上当該NPO法人を優遇することを求め、市当局もそれにこたえてきた経緯がある。その時期は、坂上議員が接待されていたとされる時期、旅行や洋服を仕立てた時期にも符合する。金品授受等が事実ならば、坂上議員の行為は、あっせん利得罪や収賄罪にあたる可能性がある重大事態であり、議員としての道義的責任が厳しく問われることになる。
  よって、西宮市議会として、市民に対しての説明責任からも、坂上議員が予定している司法の場での真相解明をただ待つのではなく、坂上議員とNPO法人との間での金品授受等をめぐる報道に関して、真相を解明することに努める。
以上、決議する。

 

4.マイナンバー関連情報
 税額通知書のマイナンバーは「当面記載なし」へと総務省は方針転換しました。12月15日付で、総務省市町村税課が各都道府県の市区町担当課に、「書面により送付する場合には、当面、マイナンバーの記載を行わないこととする」との事務連絡を送ったものです。今年度分について、総務省は記載を強制をしましたが、その通知の誤配が多数発生(マイナンバーの漏洩)し問題となっていたのです。なお、西宮市は私たちの働きかけで不記載での送付となっています。これは、今村市長の数少ない真っ当な判断でした。
 この関連で、日経連が「紙媒体で交付される通知書に関し事業者の保管コストが多大なものとなっている」「全市区町村が電子交付できるよう推進し、少なくとも紙媒体で交付される通知書については、個人番号に記載を不要とすべきである」としています。また、経済同友会も「住民税の税額通知書(特別徴収義務者用)にマイナンバーが記載されているが、地方自治体、企業ともに利用することのない情報であり、誤配などによる情報漏洩のリスクを踏まえ、記載は廃止すべき」と要求しています。
 この件以外でも、金融機関なども顧客のマイナンバー取得にてこずっており、マイナンバーカードの普及も進まず、住基カードの二の舞になってしまわないかと、安倍自公政権は苦慮しているようです。記入強制の圧力はさらに強まりますが、違憲訴訟も各地で行われており、「書かない、持たない」で反対し続けましょう。
マイナンバー違憲訴訟第8回口頭弁論 1月25日(木)午後2時〜 大阪地裁202
なお、同様裁判情報も紹介します。
「戦争法」違憲訴訟第5回口頭弁論 3月19日(月)午後3時〜 大阪地裁202法廷

 

5.市長選関連
石井登志朗元衆院議員、吉岡政和県議(自民党公認)、本井敏雄前副市長の3人が立候補予定です。なお、もとい氏には河野昌弘前市長が後援会顧問となっています。現職今村岳司市長は、4日の仕事始め式で立候補しないと表明し、ついでの全国区級の暴言を吐きました。5日朝の記者会見で暴言は認めたようですが、読売新聞記者が私有地に入ったことを謝るなら暴言を謝る、と述べました。
 批判をきらい、間違いを認めない、謝らない今村氏らしい対応です。野々村元県議にも劣らない今村氏の心性が、再び三度曝露されたかたちです。市長の座についても、選挙に勝つこと自体も目的だっただろうが、そのスケジュールに追われることに飽きたんだと思います。それに、市議として批判する立場から市長として批判される立場にかわり、ストレスが高かったのでしょう。がまんすれば、120万円もの月額報酬、336万円もの冬の一時金(人勧分の増額でさらに増えている)、一期2800万円以上の退職金、という多額の収入が保障されたものを、ちいさな橋下氏はこれから何をやるつもりでしょう。

 

6.今後の予定
。卸酊衫祺 2月2日(金)午後6時半〜8時半 ウエーブ414学習室
∩換饂毀吋ンブズマンの全国大会決まる。
9月1日(土)・2日(日) 新潟・ユニゾンプラザ
D命次号の発行 2月定例会には間に合わせたいと思いますので、原稿書いて下さい。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      

| fine-man | 22:08 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 22:08 | - | - | pookmark |

Category

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Link

Entry

Search

Profile

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links