Entry: main  << >>
市民の裁判情報

 −市民の裁判情報ー
4・16、西宮こしき岩アスベスト訴訟判決
判決の期日 4月16日(火)午後1時10分、神戸地裁204号法廷です。

 

借上げ復興住宅追い出し裁判も判決が迫る!
〆嚢盧曚復興借上げ住宅からの追出しを追認!
3月22日、最高裁第三小法廷が被災者の上告を棄却する判断を下しました。借上復興住宅弁護団は直ちに「怒りを込めて」抗議し、「現在も、歩行障がいのため、室内外を問わず、歩行器による移動を行っており、必死に介護を受けながら在宅生活を行っている」Nさんの願いを門前払いした最高裁は、「憲法で託された違憲審査権を放棄したに等しく、裁判を受ける権利すら踏みにじるものであり、到底、憲法の番人とは言いがたい」と断じています。
⊆攵紊化斬霑幣戮鮗茲蟆爾押⊃容讃紊硫魴茲魑瓩瓩訐全蠅侶覯未砲弔い
借上げ住宅訴訟の再考を求める西宮市民の会が行った市会議員あて請願の回答について、若干の評価をおこないます。まず、市議として回答された方々に敬意を表するとともに、会派として回答した議員たちの狃叔聴賤蹐沖瓩梁弍、その思考停止ぶりには呆れ果てます。そのうえで、公明党会派7市議の無内容な回答には、犹垉弔箸靴討了餝覆覆鍬瓩箸いι床舛鰺燭┐討きます。
政新会9市議の回答はどうか。法治国家なのだから裁判で決着をと言い、それは双方にとって負担になるとも言う。しかし、市長にとって費用は税金だから何の負担もないし、裁判傍聴の職員も出張扱いでしょうから、被告や市民と違って経済的な負担もありません。
まして狎鎖静負担瓩覆匹△蹐Δ呂困ないでしょう。強者と弱者、権力関係にあって、権力によって訴えられること、被告席に立たされることがどれほどの苦痛を伴うものなのか、9市議には理解も及ばないのでしょう。
石井市長に痛みがあるとしたら、自身の判断でその痛みは取り除けるのに、臆病ゆえに決断できない自らを恥じるほかないでしょう。権力者としての首長には裁判取り下げも可能なのだから。
  さらに付け加えれば、回答しなかった市議たちは請願法に基づく請願を理解できなかったということなのか、考えるのが面倒だったのか、答える必要なしとしたのか、いずれにしても問題外です。まして、会派として回答しないとの判断をしたのなら、自治体は議員のためにあるのではありませんよと言っておきましょう。

判決の期日 4月24日(水)11時、 神戸地裁尼崎支部201号法廷です。

 

高塚山「まちづくり権」訴訟
 裁判が進行しているなかでも造成工事は続行されており、すでに高塚山の木はすべてなくなったということです。西宮市による開発許可処分の取り消しを求める行政訴訟ですが、結局のところ、業者が工事を公表した時点では手遅れで、その前に西宮市は周辺住民に開発計画があることを知らせるべきです。
開発許可処分取り消し行政訴訟口頭弁論は5月14日(火)午後4時〜、神戸地裁204号法廷です。
開発工事差し止め訴訟第11回口頭弁論は4月23日(火)午後1時半〜、神戸地裁尼崎支部201号法廷です。

 なお、4月23日に予定されていた証人調べは5月21日(火)午後1時半〜3時半、同法廷で行われることになりました。当初の予定から変更となり、証人は原告のみとなったようです。4月23日は被告側の反論が予定されています。
 

 

| fine-man | 23:47 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:47 | - | - | pookmark |

Category

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Link

Entry

Search

Profile

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links