Entry: main  << >>
残念な石井新市政

借上げ復興住宅追い出し裁判


残念な石井新市長、和解拒否の判断!

 

 今村岳司前市長が提訴した借上げ復興住宅追い出し裁判、市長交代で解決に向かうと思われましたが、石井登志朗新市長が担当者のレクチャーによって狎眛性瓩気譴萄枷渋街圈口頭弁論はこの7月25日で15回を数えます。神戸市では大阪高裁で和解交渉の打ち切りや、裁判に耐えられなくなった被告の方が和解による転居という事態になっています。


神戸市がURに支払った賃料と女性の家賃相当分との差額など約171万円は、女性が千円ずつ分割で市に支払う・・・ 神戸市の久本喜造市長は「和解による解決は意義がある」と・・・(6月27日「神戸新聞」) ← 神戸市長の狆,糎悗辰伸疊言が酷い!

 

第一歩を踏み外した石井新市政
 借上げ復興住宅追い出し裁判への対応で、石井登志朗新市長の市政への姿勢をはっきりと示されました。6月20日の神戸新聞夕刊で報じているように「西宮、継続入居認めず」であり、6月20日の法廷で市側代理人によって石井市長の「上申書」が読み上げられましたが、それは6月13日付けの市長ブログ(市が被告席に立たせている住民と市長が会ったのち)に書かれた内容と同じです。簡単にまとめると、‖仂歇圓了情にかかわらず、すべて同じ扱い=行政的犖平性瓩魴持する、△△硲甘錣亮擇蠑紊化斬霆嗣韻紡个靴討眛瑛佑梁仆茲鬚垢襦△箸いΔ發里任后
 これは、より立場の弱い方を切り捨てる結果になります。傍聴席から「今村より悪い」という声が上がったのも当然です。市長として猗鏐隲瓩鵬颪い帽圓辰憧待を持たせて突き落す最低の行動、こういうのを「お為ごかし」と言うのです。
6月18日、多くの市民が見守るなか石井市長の所信表明が行われました。少し引用すると「行政は役所内部の論理によって動いていく性(さが)があります。社会的に望ましいことであっても、法律、条令や予算の制約を考えざるを得ない宿命にあります」「民にできることは民に委ねるという方針を掲げ、・・・」などと言いつつ、「行政経営の改革」なんて言葉も使い、「より効率的な行政経営」というところでは「より効率的な行政牘娠牒」と読み間違えています。さて、石井市長は今村前市長と同じく狹垰垠弍牒瓩鬚靴茲Δ箸いΔ里それとも犲治体運営瓩鬚靴茲Δ箸いΔ里、どちらでしょう。
 6月市議会の最終日の審議は午後までもつれ込み、石井新市長も市議会も迷走模様となりました。石井市長の‖狄Χ眷兒澆鉢給与の18%カットの2案について、,論新会とぜんしんが反対、△論新会が反対しましたが、,老兮蛙該此↓△六神多数となりました。市長選時のパフォーマンス、人気取りでけしからん、というわけです。とりわけ,郎8紊了堋港(や市議報酬)に影響したら困るというのが本音でしょう。
 問題は補正予算でしたが、こちらは否決され、今後の市政運営に暗雲がたちこめました。まず、共産党が借り上げ復興住宅追い出し裁判での市長の変心を批判し、学童保育の民間参入(民設民営)導入に反対、育成センターでの対応を求め、補正予算に反対。政新会とぜんしんが市長提案の酒蔵ツーリズム推進(阪神西宮への観光案内設置)と専門家の知見を得るための行政戦略事務経費に反対し、補正予算にも反対。これで、石井市長の補正予算は暗礁に乗り上げました。
 さて、これからどうなるのか。保守会派が市長提案反対に回ることは今後も予想されるますが、何よりも市長が確固とした姿勢を堅持し、ぶれずに市政に臨むことが必要です。それができないようなら、右からも左からも共感を得られないで益々市政は迷走を繰り返すでしょう。躓きの石は、もちろん借上げ復興住宅裁判での和解拒否、今村前市政への追随ですが、さて、石井氏にこの窮地を乗り切る信念があるのでしょうか。じっくりと見極めさせてもらいましょう。

 

| fine-man | 23:21 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:21 | - | - | pookmark |

Category

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Link

Entry

Search

Profile

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links