Page: 1/1   
西宮防犯協会について市長への質問、及び回答
西宮防犯協会について
下記石井登志郎市長あて質問、及び回答です。回答は市長名で送られてきました。
 名誉職だから「実際に運営に関わるものではございません」と言うが、市長が名誉会長である組織の運営に問題があるとき、市長は無関係、無責任ですと言えるのか、実に無責任な回答です。また、「防犯協会内(自治会、支部、本部)で十分に話し合われることが必要と考えております」というくくり(防犯協会のなかに自治会がある?)は誰が決めたのか、誰の承認を得ているのか、実に不適切な表現です。
 さて、そこでどうするのか。市民の皆さんに呼びかけます。自治会が防犯協会に会費を払っているかを確認し、もし払っているようでしたら、払わないように要求してください。防犯協会は自治会を貯金箱か何かとみなし、地域ボスとして振舞っているのです。西宮市ー防犯協会ー自治会という地域支配体制を壊した先に、市民自治が生まれるでしょう。
西宮防犯協会予算(2019年度)
会費 地域支部(自治会のこと)392万7000円(74094*53)
 *これは53円×7万4094世帯=392万7000円という意味です。
なお、甲子園防犯協会の会費は53円ではなく、100円くらいではなかったかと思います。
市長への質問
1.市長は西宮防犯協会の名誉会長だと思いますが、それでよろしいでしょうか。
2.名誉会長として防犯協会の活動に関して一定の責任を負う立場にあると考えますか。
3.防犯協会支部が会費徴収と称して、自治会から所帯数×53円を支払わせていることをご存じですか。
4.そうした会費徴収について、いかなる正当性もありませんが、このことを名誉会長はどのように考えますか。
5.もし、自治会の会員がこうした会費支払いを不当として訴訟を提起したら、防犯協会は確実に敗訴するものと考えますが、名誉会長はどのように考えますか。
6.防犯協会がこうした違法な会費徴収をやめ、会員の会費・寄付によって運営すべきだと考考えますが、名誉会長はどのように考えますか。
7.市長は名誉会長職を辞すべきだと考えますがいかがでしょうか。
市長からの回答(2020年1月16日)
 平素は本市行政にご理解、ご協力賜り、ありがとうございます。
 市民の声でお尋ねいただきました「西宮防犯協会について」の件につきまして、ご回答いたします。
                                    記
 西宮防犯協会規約第13条「役員等の選任」、第14条「役員の任務」には以下のとおり規定されております。
 第13条(役員の選任)
    名誉会長は理事会において、西宮市長を推薦する。(以下省略)
 第14条(役員の任務)
    役員任務は次のとおりとする。
    (1)名誉会長は会長の諮問に応じ、又は随時意見を述べることができる。(以下省略)
 規約にありますとおり、市長として名誉会長職をお受けしており、防犯協会からの相談には適時対応しておりますが、名前のとおり名誉職のため、実際に運営に関わるものではございません。
 また、会費につきましては、規約に定められ、また毎年の総会において予算承認を受け決定されており、現状1世帯当たり年額53年であることは、承知しております。会費のあり方等につきましては、問題を感じておられるのであれば、まずは各自治会で議論され、そのうえで属される防犯協会の支部や防犯協会本部に相談するなど、防犯協会内(自治会、支部、本部)で十分話し合われることが必要と考えております。
 また、防犯協会の活動は、協会の趣旨に賛同した自治会や企業の会費や寄付、市からの補助金などで賄われております。
 市といたしましては、防犯協会は、地域住民の安全・安心に寄与する活動に取組まれており、地域防犯活動における役割は重要であると考えておりますことから、引き続き必要な支援を続けてまいります。
                                                                    以上
               (担当)西宮市役所 市民局 コミュニ亭推進部
               地域防犯課 TEL:0798−35−3637
| fine-man | 23:37 | - | - | pookmark |
防犯協会による自治会会費横取りを断とう!

西宮市「防犯協会関係情報公開資料」(2018年度)
西宮市の杜撰な委託・補助金行政!

自治会を喰いものにする防犯協会!

 

西宮防犯協会補助金 3,213,000円
*交付申請2018年5月14日
 交付決定5月15日
 交付請求5月15日
 事務審査2019年4月26日
 審査結果5月17日
 実績報告5月24日
 補助金等確定通知書 市長→西宮防犯協会

 

甲子園防犯協会補助金 2,186,000円
*交付申請2018年5月9日
 交付決定5月9日
 交付請求5月9日
 実績報告2019年4月2日
 事務審査4月24日
 審査結果4月26日
 補助金等確定通知書 市長→甲子園防犯協会
*予算に会費収入512,200円が計上されているが、決算では会費収入は378,186円となっている。

 

防犯灯設置等要望申出所受付業務の事務委託
西宮防犯協会契約金額 636,120円
*受付想定200件だが、実績は受付総件数39件

 

甲子園防犯協会契約金額 241,920円
*受付想定は50件だが、実績は受付総件数15件

 

 防犯灯委託は2019年度廃止となるが、想定と実績の違いから明らかなように全く必要のないものであり、安易な税金の垂れ流しである。

 

防犯教室の実施及び業務委託
西宮防犯協会契約金額 178,200円(2回)
*2018年7月2日 西宮浜公民館(60名参加)
 2018年11月19日 アプリ甲東(50名参加)

 

甲子園防犯協会契約金額 84,240円(1回)
*2018年10月12日 甲子園警察署会議室(60名参加)

 

西宮防犯協会会計(2016年度)
 前年度繰り越し 1,756,259円
 地域支部会費 4,364,709円(82,353世帯×53円)
 職域支部会費 1,764,030円(123社)
 西宮市補助金 3,020,000円
*雑収入(防犯灯新設事務委託)254万円(17年度予算)

 

西宮防犯協会会計(2018年度)
 前年度繰り越し 1,888,298円
 地域支部会費 3,997,366円(75,422世帯×53円)
 職域支部会費 1,878,530円(123社)
 西宮市補助金 3,213,000円
雑収入(利子・防犯灯申請事務) 941,473円

 

西宮防犯協会仁川支部会計(2018年度)
 会費収入 66,400円(世帯数×30円)
 西宮防犯協会会費支出 116,335円(2195世帯×53円)
 繰り越し金 前期繰越817,336円
       次期繰越721,346円

*自治会から1世帯30円奪って、本部に53円上納する。だから、繰越金はいずれなくなる。いずれ、自治会にもっと出せと言いだすだろう。

 

 仁川支部の規約第2条(組織)には、「本支部は、西宮防犯協会に属し、傘下14自治会の地域内居住者を会員として組織する。」とあるが、これを根拠に自治会に会費として狎ぢ喊×30円瓩鮴禅瓩任るのか、そもそも自治会は防犯協会の犹韻硫辞瓩料反イ任呂覆ぁさらに、本部(防犯協会)は自治会加入の世帯から53円を徴収している。
 自治会に参加している市民はこんなことは知らないと思うが、これは爐燭が543円瓩量簑蠅任呂覆ぁ自治会とは何かという深刻な問題を孕んでいる。防犯強化であれ自治会であれ、現状は地域ボスによる支配を正当化するものに過ぎず、しかもそれが市行政と一体となって市民を縛っている。
まず、防犯協会による自治会会費横取りを断とう!

| fine-man | 00:38 | - | - | pookmark |

Category

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Link

Entry

Search

Profile

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links